Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ダッシュボードマットを買ってみた。
ダッシュボードのひび割れを隠す保護のため、ダッシュボードマットを買ってみました。


アールエム・オージー・ショップさんから購入させていただきました。
対応車種にシルビア(S14)はありませんが、オーストラリアでは車名が「200SX」なので、「200SX」で発注すればOKです。

材質が「床材のカーペット(?)」といった感じで、あまり良くありませんが、車種別専用品だけあって、寸法はバッチリです。
背面に粘着材付きのマジックテープが3箇所貼ってあって、それでダッシュボードに固定するのですが、少なすぎるような気がします。私は両面テープでの固定を追加してます。

あと難点としては、「エアコンの照度センサーが隠れてしまう」こと...。
このダッシュマットのメーカーさんって、メカには詳しくないんだろうな。
# まぁ、照度センサー部分を、自分で切り抜けばよいんですけどね。 #

JUGEMテーマ:車/バイク


 
posted by: ursa_minor | 内装 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シフトブーツを交換してみた。
シフトブーツが劣化していたので、社外品に交換してみました。
使用したシフトブーツは、KYOEI SPORTさんの「S14-SFG S14用シフトブーツ(合皮)」です。
対応車種が少ないのですが、色数が豊富なのが良いですね。


(他社も同様ですが)内装の枠などは純正品を再利用することになります。

S14シルビアの場合、上画像丸枠内の4箇所で固定されています。
硬めのピンセットなどで丁寧に外します。


ブーツ先端部のカラーも再利用します。

合皮の場合、純正のシフトブーツよりも生地が厚めなので、ブーツを引っ張りぎみに組み付ける必要がありました。
このとき、(S14シルビアなど高年式車では)純正の内装枠が経年劣化ので脆くなっているので、破損しないよう注意が必要です。


交換後の図...。
オレンジ色を選択ましたが、赤の方が良かったかなぁ。

JUGEMテーマ:車/バイク
 
posted by: ursa_minor | 内装 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
NISMO強化クラッチペダルブラケット
1年ほど前からクラッチの切れが悪くなってまして、ついにクラッチが切れなくなったので、ディーラーに修理に出しました。

ディーラー曰く「クラッチの磨耗」などと馬鹿げたことを言っていたのですが(爆)...
私「ペダルが曲がってるだけだから良く見てください。」
# クラッチの磨耗だと、(クラッチが滑るけど)切れなくなるなんてありえないでしょ。#

結果...
クラッチペダルブラケットの破損と、車体側亀裂...orz。
溶接修理となりました。

ノーマルパーツで治しても、また壊れるでしょうから

「NISMO強化クラッチペダルブラケット」にしてもらいました。
ノーマルに対して+1500円くらいです。
私のように、車体側にクラックが入ってからでは修理代が高くつきますので、強化クラッチを装着している場合は、早めに装着したほうがよいでしょう。
溶接補修代込みで、修理代は約60000円...S14(やS15、GT-Rを除くR32)はダッシュボード脱着の作業費が高いです。

ちなみに、車体側の溶接補修代は21000円でしたが...ディーラーが外注の板金屋さんに支払った作業費は14000円のようです...。
(ディーラーを介さずに)板金屋さんに依頼したほうが良さそうですうねぃ(^^;;。


JUGEMテーマ:車/バイク
 
posted by: ursa_minor | 内装 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
セミバケットシート買ってみた(3)
まだ、メーカー不明のシートを取り付けようと努力してます(苦笑)。

ブリッドのシートレールにレカロのシートを取り付けるアダプタを買ってみた。


ブリッドのレールは、純正シート取り付け用の穴が長穴になっています。
このアダプタは、その長穴部分に取り付けるので、横方向の位置を調整できるはずです。

早速、アダプタにメーカー不明シートの取り付け穴を開けてみたのですが...

長穴による調整範囲が小さすぎました...orz。

次回は、長穴を大きく加工してみます。

JUGEMテーマ:車/バイク
 
posted by: ursa_minor | 内装 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オーディオの外部入力を引き出してみた。
PND(ポータブル ナビゲーション デバイス)を買いました。
PNDって、音楽再生機能があっても、内蔵スピーカーがモノラルなんですよね。
ステレオで音声案内しても意味が無いので、モノラルという仕様はわかるんですが、やっぱり音楽もステレオで聴きたいなと。
# イヤホン出力はステレオなので、音楽はヘッドホンで聴いてくださいって仕様なんでしょうね。 #

幸い、私が使用しているカーステレオは三菱電機さんのMC-H700なので、背面に外部音声入力端子があります。
そこで、PNDのイヤホン出力をカーステレオにつないでしまえ、と。


↑こんなものを作ってみた。

内装のメクラ蓋にコネクタを取り付けて、カーステレオ背面の外部音声入力端子を引き出します。


↑こんな感じ。


PNDを着脱することを考えると、多少ケーブルが露出するのは仕方ないですね。

余談:ついでに水温計も付けました。
posted by: ursa_minor | 内装 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
セミバケットシート買ってみた(2)
前回、JAMEXさんのシートレールでは装着できなかったわけですが、ネットオークションで探してみて気が付いた。

↑「BRIDEさんのシートレールなら、(製品によっては)シート取り付け部分が大きいので穴を開けやすいかも?。」と。

しかも、「シート取付部分の板がネジ止めなので、移動できるかもしれない。」と。


で、買ってみた(爆)。

外側の穴は、幅405mm(レカロ用?)なので、前回同様長穴加工して装着。

今度は、ペダルに足が届く。

でも、(幅方向で)シート中心とハンドル中心が20mm程ずれてます...orz。
そして、ドアにシートが干渉して、強引に押さえないとドアが閉まりません(_"_;)。

今回も装着を断念して、純正シートに戻してしまいました。
posted by: ursa_minor | 内装 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
セミバケットシート買ってみた(1)。

ネットオークションで安かったので、セミバケットシートを買ってみた。

安いのには理由がありまして...
「対応シートレール不明」なんです。

で、調べてみた。

シート底のボルト間隔は、実測で横方向約400mm、縦方向280mmでした。

JAMEXさんやM2販売さんのシートは、横方向405mm、縦方向280mmなので、近似値です。
# M2販売さんのシートは、JAMEXさんのOEMという噂もあります(^^;;。 #

そこで、JAMEXさんのシートレールを入手してみた。



やっぱり、5mmほど穴がずれてますねぃ。

でも、この程度なら、長穴加工で装着できます...。

というか、長穴加工をやってみて、装着できました。

でも、シートが後ろすぎるんですよ。
# 最前部までスライドさせても、ペダルに足が届かない...orz。 #

結局、自動車への装着は断念して、自室の座椅子になりました(_"_;)。
posted by: ursa_minor | 内装 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ホーンボタンを分解してみた。

ホーンボタンを分解してみた。


側面3箇所にあるツメで固定されているだけでした。


↑構成部品...。
利益率が良さそうですねぃ.。ooO(~ペ/)/。

ベネトンのマークは、ビニール(?)が挿まれているだけでした。

ということは、簡単にデザインを変えられますね〜。

で、(ネット上から萌え〜なイラストを拝借して)やってみた。





い、痛い☆⌒(>。≪)。

作り方は...
プリンタで印刷したイラストを、直径36mm弱に切り出して入れるだけです。


家族や恋人の写真を入れたら、安全運転に繋がる...かな?。
posted by: ursa_minor | 内装 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ステアリング交換
ステアリングを交換してみました。
注:エアバックなし車です。


↑元の状態。
まず、ハンドル中央(というか、ホーンスイッチになっている部分)を外します。
引っ張れば取れます。


真ん中にあるナットを外します。
(キーを抜いて)ハンドルロック状態で作業すると良いでしょう。
結構硬いので、タイヤ交換に使用するクロスレンチを使いました。
ナットは21mmです。

ナットが外れたら、ハンドルを引っ張れば外れます。


↑ハンドルを外した状態。
白いリングに3つの突起があり、これがボスに勘合します。
(ウインカーキャンセルのスイッチです。)
ボスを嵌める前に、手前側に引っ張っておきます。
日産車の場合、同型・同年式であっても個体によって構造が異なるらしいので、この部分の形状に合ったボスを用意する必要があります。


↑ボスの画像。
車体側に勘合する3つの穴があいていますね〜。

ハンドルをボスに付けてから車体に装着するか、ボスだけ車体に付けてからハンドルを付けるか...なんですが、私、後者(ボスだけを先に車体側につける)が正しいと思います。
なぜなら、ボスのハンドルセンターを示す刻印がハンドルを付けると隠れてしまい見えないからです。ボスの刻印とステアリングシャフトの刻印と位置を合わせて装着します。


↑ボスには配線が1本出ています。
ホーンスイッチには端子が2つありますが、真ん中の端子に繋ぎます。
端っこの端子には、本来は何も繋がなくて良いです。
その代わり、ホーンスイッチの線バネがリングに接触して導通します。


↑ボスとハンドルを付けた図。
じつは、ホーンボタンを取り付けるリングが付いていません。
# 現在、手配中です...(_"_;)。 #
なので、ボスとハンドルの間にコードを差し込んで、ホーンの配線を引き出していますが...本来の取り付けでは不要です。

ハンドルとボスを止めるネジは、M5の皿ネジです。
私は、色が似ている「住宅用アルミサッシのネジ」を使いました(^^;;。

ホーンスイッチ固定用リングが無いので...

↑ガムテープ(_"_;)。

余談:
ハンドルを交換して思ったこと...
メーカー純正のほうが良いです。
(当然ですが)純正品は車両のデザインに合ってますし、持ちやすいですし(^^;;。
posted by: ursa_minor | 内装 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
内張り修理
何かが緩んで「カタカタ」という音がしていたので、リヤクォーターの内装を剥がしてみた。

原因は、内張りのステーが緩んでいたのですが...



え〜、ステーを留めているネジなんですが、木ネジっぽい鋼板ビス(?)が使われていました...。
# 薄い鋼板にねじ込むならOKなんですけど、厚みがある部分に使うネジぢゃないって!。 #

たぶん、事故修理のときに、違うネジを使ったんだろうなぁ...。

で、他所から外した(ぉぃ)正しいビスに交換して一件落着。


文章にすると簡単な作業に感じますが、実際にはレンチが入らなくて...
シートベルトを丸ごと外したり...といった大作業でした(_"_;)。
posted by: ursa_minor | 内装 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |