Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
クラッチ交換
ショップにクラッチ交換etc.を依頼し、引き取ってきました。

代車が無かったので、
電車に自転車持込で乗車...

田舎の特権ですね。
でも、(ワンマン運転の)運転手、嫌そうな顔してました。
従業員の態度の悪さ(?)も田舎ならではです...orz。
# あ、この路線は、自転車持込に関しては鉄道会社公認(時間・区間などの制約あり)で、鉄道会社のホームページでも紹介されています。 #

さて、車のほうは...
ミッション外して(ノ゚゚)ノびっくり!!、パーツが欠損していたそうです。
昔、シルビア系で良く見かけたトラブルなんだそうです。
# 最近は見なかったとのこと...後対策部品になったのかな?。 #
ウチの車は、S14シルビアでもかなり初期のロット...
状況から察して、部品欠損のまま、かなり走っていたようです(_"_;)。
「クラッチが寿命」とディーラーに言われ続けて早2年...原因は、どうやら(クラッチではなく)別のところにあったようです。

ちなみに、外したクラッチは、ニスモのノンアスベストで走行約50000km。
まだまだ活けそうなので、予備にとっておく事にしました。
# 使うこと無いでしょうけど。 #

新しいクラッチは、ニスモのカッパーミックスです。
ついでに、ニスモのフライホイールを入れました。
ともにターボ車用です。

NA用クラッチよりもペダルが重くなったこともあって、エンストしやすくなりました(_"_;)。
慣れるまでは、しょうがないですね。
posted by: ursa_minor | 駆動系 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オイル漏れ修理
クランクシールのオイル漏れ修理の為、ショップに車を預けてきました。
ついでに、クラッチとフラホも交換〜。

で...
ショップのメカニックさん:「クラッチだけでしたっけ?。」
って...orz。

オイル漏れ修理がメインで、クラッチは「ついで」なんだってば。

# きちんと修理してくれるかどうか、ちょっと不安でつ。 #
posted by: ursa_minor | 駆動系 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
デフオイル交換
デフオイルを交換しました。
といっても、面倒だったので量販店で...(_"_;)。
オイルはBPの85W140(これから夏なので、ちょい硬め)にしました。
僕の車は「下位グレード」なので、同型上位グレードよりもデフが小さいんです。なので、オイルの量はちょうど1リッター。無駄無く経済的です(^^v)。

予め、水道管のシールテープを用意して「ドレンにはこのテープを巻いて軽く締めてください。」と言ったのに、目一杯締められてた...orz。
# テーパーネジだから、強く締めるとデフケースが割れるんですよ...。 #

帰り際に、店員の誘導でバックしたら、脚立(お店の備品)にぶつかったorz。
ちゃんと見て誘導してよぉ(涙)。
# でも、僕もガソリンスタンドでバイトしてたときに、誘導をミスってゴミ箱に激突させたことがあるから、人のことは悪く言えなひ(爆)。 #
posted by: ursa_minor | 駆動系 | 23:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
シフトリンケージブッシュ交換
CUSCOのシフトリンケージブッシュ(↓)を付けてみました。

パッケージに書かれたキャッチコピーによると
純正品と交換するだけでレーシングな「シフト」感覚
なんだそうです。

# これ、5年以上前に買ったものだったりします...。 #


シフトレバー部分を分解していきます。
といっても、カバー類を外すだけ。

で、ここ↑のスナップリングを外します...。
これが、意外とやっかいでした。
検電ニードルと、ダイソーで¥105の先曲がりラジオペンチで格闘すること30分...検電ニードルが折れました(ち〜ん)。
そして、カーマ(DIY店)で¥298(ン年前ね)のラジオペンチを使うとあっさり外れましたけど(爆)。

# やっぱ、スナップリングレンチを買ったほうが良いと思いまつ。 #

あとは、引っ張ればシフトレバーが抜けます。

シフトレバー先端についている白いプラスチック部品を外します。
結構固いので、私はニッパーで切りました(^^;;。

そして、CUSCOの真鍮製部品を取り付けます。
なんか、ガタが大きいような気がしますけど、これで奥まで入っています。
力ずくで押し込めば、あっさり装着できます。
...あとで説明書を読んだら「プラスチックハンマーで打ち込んでください。」と書いてありました(汗。

あとは、元通り組み立てます。

走ってみた感想...
ちょっとだけ、ゴリゴリ感があるような気がしないでもないんだけど、私にとっては、交換したと言われても気がつかない程度の違いです...orz。
posted by: ursa_minor | 駆動系 | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |