Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ステアリング交換
ステアリングを交換してみました。
注:エアバックなし車です。


↑元の状態。
まず、ハンドル中央(というか、ホーンスイッチになっている部分)を外します。
引っ張れば取れます。


真ん中にあるナットを外します。
(キーを抜いて)ハンドルロック状態で作業すると良いでしょう。
結構硬いので、タイヤ交換に使用するクロスレンチを使いました。
ナットは21mmです。

ナットが外れたら、ハンドルを引っ張れば外れます。


↑ハンドルを外した状態。
白いリングに3つの突起があり、これがボスに勘合します。
(ウインカーキャンセルのスイッチです。)
ボスを嵌める前に、手前側に引っ張っておきます。
日産車の場合、同型・同年式であっても個体によって構造が異なるらしいので、この部分の形状に合ったボスを用意する必要があります。


↑ボスの画像。
車体側に勘合する3つの穴があいていますね〜。

ハンドルをボスに付けてから車体に装着するか、ボスだけ車体に付けてからハンドルを付けるか...なんですが、私、後者(ボスだけを先に車体側につける)が正しいと思います。
なぜなら、ボスのハンドルセンターを示す刻印がハンドルを付けると隠れてしまい見えないからです。ボスの刻印とステアリングシャフトの刻印と位置を合わせて装着します。


↑ボスには配線が1本出ています。
ホーンスイッチには端子が2つありますが、真ん中の端子に繋ぎます。
端っこの端子には、本来は何も繋がなくて良いです。
その代わり、ホーンスイッチの線バネがリングに接触して導通します。


↑ボスとハンドルを付けた図。
じつは、ホーンボタンを取り付けるリングが付いていません。
# 現在、手配中です...(_"_;)。 #
なので、ボスとハンドルの間にコードを差し込んで、ホーンの配線を引き出していますが...本来の取り付けでは不要です。

ハンドルとボスを止めるネジは、M5の皿ネジです。
私は、色が似ている「住宅用アルミサッシのネジ」を使いました(^^;;。

ホーンスイッチ固定用リングが無いので...

↑ガムテープ(_"_;)。

余談:
ハンドルを交換して思ったこと...
メーカー純正のほうが良いです。
(当然ですが)純正品は車両のデザインに合ってますし、持ちやすいですし(^^;;。
posted by: ursa_minor | 内装 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://carlife.r-bear.org/trackback/1452400
トラックバック