Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
オイルイン側ホース
発注していたEARL'sのフィッティングが到着したので仮組してみました(↓)。

自分の車には、既に#6ホースでオイルラインが引いてあるので少々複雑になっていますが、初めて改造する場合hもっとシンプルにできるはずです。

エンジン側から説明しますと、
オイルエレメント部に取り付けたサンドイッチブロック(1/8PT)
→EARL'sの品番981661(1/8PT→AN6変換、オス−オス)
→EARL'sの品番800106(AN6ホースエンド、ストレート)
→#6ステンレスメッシュホース
→EARL'sの品番809106(AN6ホースエンド、90°ベント)
→EARL'sの品番991906(AN6→AN4変換、オス−オス)
→EARL'sの品番934104(AN4、90°フォージ、メス−メス)
→EARL'sの品番991970(AN4→7/16"-24変換、オス−オス)
→PS13タービン
となる予定です。
品番809106(90°ベント)よりも品番809006(90°フォージ)のほうが良かったかな???。
この辺は、実車に合わせてみないとわかりません。

EARL'sの品番991970って、オリフィスになっているんですね。現物を見るまで知りませんでした。(キノクニのカタログには書いてないし...)。
で、タービンに付けてみると(↓)

4.5mm程長いですねぇ...orz。
切断するとオリフィスでは無くなるので、今回は好都合です。
posted by: ursa_minor | ボルトオンターボ化 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック