Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
修理見積りに行ってきました
事故修理の為に、自動車屋さんに預けてきました。
修理見積りは、約354k円...orz。事故相手の方の保険が頼りです。
というか、信号待ちでの追突事故なので、保険会社は全額負担しますと言ってます(ホッ)。

で、自動車屋さんとの会話...
自動車屋さん:「大きい衝撃でしたか?。」
私:「いや、そんなに大きな衝撃は無かったですよ。」

その理由は...
私の車は、ごくフツーのクーペなので、トランクがあります。
セダンやクーペのボンネット・トランク部分はクラッシャブルゾーン(※1)として設計されていますから、衝撃を吸収してくれたんですね。
一方、事故相手のワゴン車は大きな損傷がなさそうでした。
ワゴン車は「クラッシャブルゾーン」が少ないので、一見頑丈ですね。その分、乗員への衝撃が大きいわけで...。

ボンネットやトランク部分って、スペースが無駄なようにも感じますが、乗員安全上は重要なスペースなんですね。
私のは、日産が公式に衝突安全ボディーを謳う前の車なんですけど、それなりに衝突安全性は考慮されていたみたいです...。

※1:クラッシャブルゾーン:衝突時には意図的に潰れるように設計することで、衝突時の衝撃を吸収している箇所のこと。


余談:
今朝、ウチの職場の人も追突事故にあったそうです...。
事故って続くなぁ...。


posted by: ursa_minor | 外装 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック