Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
貧乏性
昨日買ったIC(CPLD)に書き込むデータを作っていて思ったんですけど、ICの容量(ってか、本当はゲート数といふ)の1/3しか使わないんですね。
なんかもったいないなぁと。
量産ではCPLDを使ったほうが圧倒的に安上がりだと思うんですが、電子パーツ屋で買うと、汎用ロジックICで構成したほうが安くなりそうなんです。

こうして、無理にケチることで失敗して、結局出費がかさむんだよなぁ...>自分。

CPLDを使うと、汎用ロジックIC(74HCシリーズ)を使うよりも半田付けは楽になるんですけどね...。
そこで、アドレスデコード部だけCPLD(ゲート数が少ないEPM7032S)を使って、出力段を汎用ロジックIC(74HC240、74HC244)を使うように方針変更するかも?です。



posted by: ursa_minor | マップトレーサー製作 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック